オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
TOWER RECORDS presents ECM SA-CD HYBRID SELECTION

タワレコの「ECM」SACD化シリーズ第3弾は9月6日発売。キース・ジャレットなど3作品

編集部:小野佳希
2017年07月25日
タワーレコードは、ユニバーサルミュージックの協力の下、名門JAZZレーベル「ECM」の名盤をSACD化する「TOWER RECORDS presents ECM SA-CD HYBRID SELECTION」の第3弾として、キース・ジャレット・トリオ 『スタンダーズ Vol.2』、チック・コリア『A.R.C.』、パット・メセニー・グループ『オフランプ』の3作品を9月6日に発売する。価格は各作品3,500円(税抜)。

キース・ジャレット・トリオ 『スタンダーズ Vol.2』


チック・コリア『A.R.C.』

パット・メセニー・グループ『オフランプ』
本シリーズでは 、これまでキース・ジャレット、チック・コリア、パット・メセニーの3アーティストのECMでの作品をSACD化してきたが、第3弾もこの3人をチョイス。キース・ジャレットとパット・メセニーは第2弾でリリースしたタイトルの続編にあたる作品を、チック・コリアはECM初録音となったトリオ編成の名盤をチョイスしたという。

SACD層は、オリジナルアナログマスターテープから今回のために制作した2017年最新DSDマスターを使用し、 ECM自ら最新マスタリング。ECMの監修の下、新マスタリングを担当したのはキース・ ジャレットの諸作にかわってきたエンジニア、クリストフ・スティッケル(キース・ジャレット / チャーリ・ヘイデン『ジャスミン』 、同『ラスト・ダンス』etc)。解説書には、新規序文解説と新たな作品解説を収納する。

いずれの作品も初のSACD化。完全限定プレス作品で、販売は全国のタワーレコード限定にて展開される。

関連記事