オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
音楽ソフト売上は前年同月比123%

'17年5月のアナログレコード生産枚数は前年同月比115%。音楽BDは353%

編集部:伊藤 麻衣
2017年06月19日
日本レコード協会は、加盟全社の集計による2017年5月度(2017年5月1日〜31日)のレコード生産実績を発表した。

5月の音楽ソフト(オーディオレコード・音楽ビデオの合計)生産実績は、数量で前年同月比106%の1,765万枚、金額で同123%の210億円となった。

内訳は、オーディオレコード(CD、アナログレコード、カセット、その他)が数量で前年同月比89%の1,168万枚、金額で同93%の124億円。音楽ビデオは数量で前年同月比167%の597万枚、金額では同232%の85億円で、3ヶ月連続のプラスとなった。

主なメディア別に見ると、CD(シングル・アルバム合計)が前年同月比99%の1,156万枚/122億円、アナログレコードが前年同月比115%の5万枚/0.8億円、音楽DVDが前年同月比144%の459万枚/51億円、音楽ブルーレイディスクは前年同月比353%の137万枚/34億円と大幅に伸張した。

また、2017年1月〜5月の実績で見ると、CDは前年同期比94%の5,332万枚/671億円、アナログレコードは前年同期比164%の38万枚/6億円。音楽DVDは前年同期比99%の1,815万枚/184億円。音楽ブルーレイディスクは前年同月比102%の414万枚/105億円で、アナログレコードと同様に月別・期別ともに伸張している。

なお、2017年1月〜5月の累計の音楽ソフト生産実績は、前年同期比95%の8,373万枚で、金額は前年同月比95%の974億円となった。

関連記事