オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
独自の「AAVA」をさらに改良

アキュフェーズ、新プリアンプ「C-2450」を6月下旬発売。上級機の成果を採り入れフルモデルチェンジ

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2017年06月13日
アキュフェーズ(株)から、プリアンプ「C-2450」が発表になった。発売は6月下旬。価格は75万円(税抜)。

プリアンプ「C-2450」

「C-2450」は、創業40周年記念モデルC-3800の技術を継承したC-2420の後継機となるプリアンプ。上級機のC-3850やC-2850の成果を取り入れ、フルモデルチェンジとなっている。

すでに定評のある同社独自の音量調整機構「AAVA」に改良が加えられたことが大きな変更点。AAVA方式は重みづけされた16種類のV-I変換アンプを電流スイッチで切り替えて音量を調整する。C-2450では、V-I変換アンプの上位二つのアンプを2パラ構成とし、片チャンネルあたり18個で構成。さらにV-I変換アンプの出力をこれまでの2倍としている。これによりI-V変換アンプの入力インピーダンスが1/2になり、熱雑音の低下によってSN比が1dB改善している。

C-2450のリアパネル。左端はフォノイコライザー・ユニット用のスロット

前記V-I変換アンプから出力された信号電流を合成し出力信号を作り出すI-V変換アンプには、最先端回路設計のテキサス・インスツルメンツ社LME49720を採用し、超低歪み、低ノイズ、高スルーレートが図られている。

その他の改良点は、ヘッドフォンアンプ出力部のトランジスターを安全性や信頼性のために従来よりも大型のものに変更、ブロックコンデンサーを新規のものにするなどが挙げられる。また、ディスプレイの表示部にも変更が加えられている。
新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドACCUPHASE
  • 型番C-2450
  • 発売日2017年6月下旬
  • 価格¥750,000(税抜)

関連記事