オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
バランスヘッドホン出力の追加オプションも

zionote、DSD 44.8MHzリアルタイム変換が可能なDAC/プリ/パワーアンプ一体型システム

編集部:押野 由宇
2017年05月18日
zionoteは、同社が取り扱うaitlaboより、リアルタイムで最大DSD 1024(44.8MHz)に変換再生が可能なDAC、プリアンプ、パワーアンプを統合するオールインワンモデル「AIT-AIO-zn1」を直販サイトで発売する。受注生産品で、価格は332,800円(税込)。プラス25,000円(税込)でバランスヘッドホン出力(4ピンXLR×1もしくは3ピンXLR×2)が追加できるオプションを用意。

「AIT-AIO-zn1」

AIT-AIO-zn1はDAC、プリアンプ、パワーアンプ機能を備えた一体型のオーディオシステム。「aitlabo DSD real time Convert Play(ADRCP)」技術により、PCMとDSDの両フォーマットをリアルタイムでDSDに変換可能。最大でDSD1024(44.8MHz)までの変換を行うことができる。

DACチップにはESS製「ES9018K2M」を採用、高性能Spot Regulatorを多数搭載する設計としている。また独自開発のFPGAにより、ジッター抑圧を図っている。

プリアンプ部はDAC-IC内蔵ボリュームを使用せず、乗算型DAC仕様による音量調整を採用。パワーアンプ部はエミッタ抵抗を使わない可変BIASによるA級動作のBTL接続で、最大出力約15Wを確保。またリモートセンシング型レギュレーターを搭載する。

入力端子にはUSB-B、RCA同軸デジタル、光TOS、アナログバランス(XLR)を装備。外形寸法は430W×70H×320Dmm。なお販売は本体のみで電源ケーブルやリモコンは別途用意が必要なほか、半完成となっており、簡単なケーブル接続とドライバーによるネジ締めだけで完成、使用できるとされている。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドZIONOTE
  • 型番AIT-AIO-zn1
  • 発売日2017年5月18日
  • 価格¥332,800(税込)
【SPEC】●DACチップ:ES9018K2M ●プリアンプ部:乗算型DAC仕様 ●THD+N:パワーアンプ部→0.001%以下(10Hz〜20kHz/10W出力時)、DAC出力→0.0005%以下(20kHz LPF) ●入力端子:XLR、USB-B、RCA同軸デジタル、光TOS ●外形寸法:430W×70H×320Dmm

関連記事