Windows版がアップデート

オンキヨー&パイオニアの楽曲転送ソフト「X-DAP Link」がrubato/privateに対応。タグ編集も可能に

編集部:川田菜月
2017年03月17日
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、楽曲転送ソフト「X-DAP Link」のWindows版をv.1.2.0にアップデート。小型DAP、オンキヨー“rubato”「DP-S1」とパイオニア“private”「XDP-30R」とのマスストレージ接続モードに対応する。

楽曲転送ソフト「X-DAP Link」Windows版が本日アップデート

X-DAP Linkは、オンキヨーやパイオニアのDAP向けの楽曲転送ソフト。今回のアップデートにより、本日発売となった新ミニDAP、オンキヨー“rubato”「DP-S1」とパイオニア“private”「XDP-30R」とのマスストレージ接続モードに対応した。

なお、以前のバージョンをインストール済みであっても、DP-S1およびXDP-30Rと接続する場合には上書きインストールが必要。上書きした場合も、設定や参照「コピー元フォルダ」などの管理は引き継がれる。

その他、楽曲ファイルの「タグ編集」機能を追加した。曲/アーティスト/アルバム名など各項目の編集が可能となる。また、メイン画面の楽曲リストに「アルバムアート表示」機能も新たに実装。表示/非表示の選択が可能で、非表示の場合は起動時の楽曲読み込み時間が短縮される。

タグ編集機能なども追加

関連記事