オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
最高峰アナログ再生&オブジェクトオーディオを体感できる

ECLIPSE、今週末25日・26日にCAVIN大阪屋で試聴会を開催 ー 講師は小原由夫氏

編集部:小澤貴信
2017年02月22日
富士通テンは、北海道・札幌市のオーディオショップ 大阪屋にてECLIPSEのスピーカーシステムの試聴会を2月25日・26日の2日間にわたって開催する。両日共に、講師はオーディオ評論家の小原由夫氏が務める。


イベントについては、両日で異なるプログラムを実施。25日は「真空+アナログでECLIPSEを聴く」がテーマ。ECLIPSE「TD510ZMK2」と同社サブウーファー「TD520SW」に、EARの真空管アンプやCLEAR AUDIOのアナログプレーヤーを組み合わせ。音の正確な再現を目指すECLIPSEのスピーカーと、ハイエンド・レコードプレーヤー/真空管アンプによる、最高峰アナログ最高峰システムのサウンドを堪能できる。

26日(日)については、最新の4K/HDR映像とDTS:X/アトモスによるオブジェクトオーディオを、ECLIPSEのシステムで体験できる試聴会を実施。TD510ZMK2、TD508MK3、TD520SWを用いたオブジェクトオーディオ環境による、ECLIPSEならではのシームレスなサラウンド再生を体験できる。

なお、いずれの試聴会も混雑が予想されるため、予約が推奨されている。予約はこちらのページのメールフォーム、または下記の電話/FAXで受け付ける。

イベントの詳細は以下の通り。

■2月25日(土) 「真空+アナログでECLIPSEを聴く」
・時間:13:00〜15:00
・講師:小原由夫氏
・ECLIPSE機材:TD510ZMK2/TD520SWMK2
・その他機材:
EAR「V12」「834P MM/MC」/CLEAR AUDIO「Performance DC Type S」「Concerto V2」


■2月25日(日) 「ECLIPSEでオブジェクトオーディオを聴く」
・時間:15:30〜17:00
・講師:小原由夫氏
・ECLIPSE機材:TD510ZMK2/TD520SWMK2
・その他機材:
YAMAHA「CX-A5100/MX-A5000」/OPPO「UDP-203」

【問い合わせ/予約】
キャビン大阪屋
TEL/011-221-0181
FAX/011-271-1833

関連記事