オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ダイレクトカッティングにも対応

ソニーミュージック、アナログレコード用マスター制作を開始。カッティングマシン導入

編集部:押野 由宇
2017年02月20日
ソニー・ミュージックエンタテインメントは、ソニー・ミュージックコミュニケーションズが運営するソニー・ミュージックスタジオにおいて、アナログレコード製造用マスターのラッカー盤カッティングマシンを導入。アナログレコード用カッティングマスターの制作を開始することを発表した。

カッティングマシンの全景

ソニー・ミュージックスタジオでは、ソニーミュージックグループのみならず多くの音楽レーベルのCD、SACD、ハイレゾといったデジタル音源を制作してきたが、今後はアナログレコードの制作においても最適な音作りを行っていくとしている。

また、カッティング専用ブースをレコーディングスタジオと同フロアに設置。スタジオでの演奏をその場でミックス、ラッカー盤にカッティングしてマスター制作を行うダイレクトカッティングにも対応するとのこと。

カッティングレース

アナログレコードのマスター制作には、音量・音質・溝幅などを調整してラッカー盤に溝を刻む高度なカッティング技術が必要とされているが、デジタル音源での音質・音圧の調整に長けた現役のマスタリング・エンジニアが当技術を習得。これにより、デジタル技術と融合させたアナログ音源の制作とカッティングを目指すという。


関連記事