オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
世界限定200セット

ステンレス筐体のAstell&Kern「AK380SS」、専用アンプとセットで2月17日発売。約65万円

編集部:川田菜月
2017年02月10日
(株)アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernより、ボディ素材にステンレススチールを採用したハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「AK380SS」と、専用ヘッドホンアンプ「AK380 AMP SS」のパッケージセット『AK380 Stainless Steel Package』を、2月17日から世界限定200台にて発売する。価格はオープンだが、直販サイトでの販売価格は649,980円(税込)。なお、本日2月10日より先行予約の受付を開始している。

AK380 Stainless Steel Package

本機は、Astell&Kernの最高級ポータブルDAP「AK 380」をベースに、ボディ素材にステンレスを使用したモデル。これまで、昨年12月に開催された「ポタフェス2016冬」(関連ニュース)や、1月に開催された「CES 2017」(関連ニュース)の同社ブースにて展示、披露された。

AK380 SS

AK380 AMP SS

同社はこれまで、純度99.9%銅を採用した「AK380 Copper(関連ニュース)」を展開しており、今回も音質に優位性を保つとされる異素材として、ステンレスを採用したとのこと。

ステンレスの持つ非常に高い剛性により共振を抑制するとのこと。また、ノイズフロアの減衰によりクリアな音質を実現し、フォーカス感が向上するとしている。背面プレートは、カーボン繊維とケブラー繊維を採用。カーボングレー/ブルーのツートンカラーとなる。

付属品には、両製品を接続した状態で収納できるバンナイズ製の専用キャリングケースを用意。開口部から音量調整やサイドボタンの操作なども可能。また、本体天面を上向き/底面を上向きとどちらの状態にも対応しており、使い勝手に合わせた収納ができるとのこと。

バンナイズ製の専用キャリングケースを付属

AK380SSの外形寸法は約79.8W×112.4H×17.9Dmm、質量は約340g。AK380 AMP SSの外形寸法は、約80.7W×128.4H×10.3Dmm、質量は約163g。

AK380 SSの仕様は従来モデル「AK380」と同様で、PCM 最大32bit/384kHz、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生が可能。D/A変換には旭化成エレクトロニクス「VERITA AK4490」をL/R独立で1基ずつ搭載する。

対応するファイル形式は、WAV/FLAC/MP3/WMA/OGG/APE/AAC/ALAC/AIFF/DFF/DSF。内蔵メモリは256GB。拡張スロットとしてmicroSDカードスロットを1基装備し、最大128GB(exFAT対応)のmicroSD/SDHC/XCカードに対応する。出力端子は3.5mmアンバランス、2.5mm4極バランス端子を搭載。

VCXO Clock(電圧制御水晶発振器)などの搭載により、0.2psという低ジッターを実現。オリジナルソースに限りなく忠実で正確なサウンドを再生するとのこと。機能面では、20バンド、±0.1dBでのゲイン調整が可能なパラメトリック EQを搭載。詳細な音質調整を可能にしている。

AK380 AMP SSの仕様も、AK380専用ヘッドホンアンプの従来モデル「AK380 AMP」と同じく、接続ケーブル不要のドッキング接続(バランス伝送)が可能な専用設計が施される。ドッキング状態で本体とアンプ同時充電、USBケーブルを接続してのデータ伝送などが可能。

接続したプレーヤー側からの操作で出力値をハイゲイン/ローゲインに切り替えが可能。最大出力はハイゲイン設定ではバランス時が8.1V RMS、アンバランス時が4.1V RMS。ローゲイン設定ではバランス/アンバランス時とも2.1V RMS。

なお、アンプの電源をオンにした際、「ハイゲイン」「ローゲイン」を切り替える際、イヤホン・ヘッドホンの接続を外した際には、耳の保護のため自動的に小音量になる。また、AK380アンプ使用時(有効時)は、USB-DAC機能を使えない。

3,400mAh 大容量バッテリー内蔵し、長時間の連続再生にも対応するとしている。外観も統一されたデザインを採用する。

関連リンク

関連記事