オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ヘッドホンは3機種で最上位機は999ドル

<CES>クリプシュ、バランス対応ヘッドホンアンプとセミオープンヘッドホン「HERITAGE」

編集部:小野佳希
2017年01月07日
米ラスベガスで開幕した国際家電見本市 2017 Internatinal CES。Klipsch(クリプシュ)は、セミオープン型の新ヘッドホン3機種と、ハイレゾ音源およびバランス駆動対応のUSB-DAC兼ヘッドホンアンプの「HERITAGEシリーズ」を2017年第3四半期から第4四半期にかけて発売することを予告し、試聴可能な状態で実物を参考展示している。

同社上級スピーカー「HERITAGE」と同じ名前を冠したヘッドホンとヘッドホンアンプの発売を予告

ヘッドホン、ヘッドホンアンプともに「HERITAGE」の名を冠したモデルとして展開。ヘッドホンは「HERITAGE HP-3」「HERITAGE HP-2」「HERITAGE HP-1」の3機種をラインナップし、第4四半期での発売を予定している。

いずれもセミオープンデザインを採用し、予価は52mmドライバー搭載の「HP-3」が999ドル、40mmドライバーの「HP-2」が399ドル、そして「HP-1」は299〜499ドル。このうち「HP-3」は試聴可能な状態で展示され、WALNUT、EBONY、OAKの3種類があることも明かされていた。

HERITAGE HP-3 EBONY

HERITAGE HP-3 OAK

ヘッドホンアンプは「HERITAGE HEADPHONE AMPLIFIER」というストレートなネーミング。499ドルで第3四半期の発売を予定しており、こちらも上記「HP-3」と組み合わせて試聴可能になっていた。

入力信号のビットレートなどを示すランプにはDSD 11.2MHzまでの表記も見えるが…?

DACにはESS Sabre32を採用し、USB入力では192kHz/24bitのアシンクロナス転送に対応。4ピンXLR端子でのバランス駆動を採用し、左右チャンネルをディスクリートで構成している。

関連記事