全5モデルをラインナップ

CSR、英PMCの新スピーカー“twenty 5”シリーズを11月より国内販売開始

藤原義孝
2016年09月16日
(株)CSRは、同社が取り扱う英PMCのスピーカー“twenty 5”シリーズの国内販売を11月より順次開始する。ラインナップは以下の通り。

“twenty 5”シリーズ
・「twenty5.21」 380,000円(税抜・ペア)
・「twenty5.22」 480,000円(税抜・ペア)
・「twenty5.23」 580,000円(税抜・ペア)
・「twenty5.24」 850,000円(税抜・ペア)
・「twenty5.26」 1,380,000円(税抜・ペア)※「twenty5・26」のみ“近日発売予定”

twenty 5シリーズ。左より「twenty5.21」「twenty5.22」「twenty5.23」「twenty5.24」「twenty5.26」

シリーズ共通の特徴として、前モデルのtwenty シリーズ(関連ニュース)をベースにしつつ、ドライバーユニット/クロスオーバー/ターミナルもリニューアルし、全面的な改良を加えている。

また、新技術の「Laminair(ラミンエアー)」を搭載。これは通気孔に縦型のフィンを設けることで、PMCの伝統のエンクロージャー構造技術「ATL(Advanced Transmission Line)」の効率をさらに向上させるものだ。

新技術「Laminair(ラミンエアー)

各モデルともに仕上げはダイアモンドブラック・オーク・ウォールナット・アマローネを用意。共通仕様は、スピーカー端子にPMCオリジナルのバインディングポストを採用、インピーダンスは8Ωとなる。

「twenty5.21」は、ドライブユニットに140mmウーファー、27mmトゥイーターを使用。ATLの長さは1.72m。周波数特性は46Hz〜25kHz。入力感度は86.5dB(1W・1m)。クロスオーバーは1.8kHz。推奨アンプ出力は30〜150W。外形寸法は162W×340H×284Dmm、質量は6kg。

「twenty5.22」は、ドライブユニットに170mmウーファー、27mmトゥイーターを使用。ATLの長さは2.0m。周波数特性は39Hz〜25kHz。入力感度は89dB(1W・1m)。クロスオーバーは1.8kHz。推奨アンプ出力は30〜200W。外形寸法は192W×410H×373Dmm、質量は10kg。

「twenty5.23」は、ドライブユニットに140mmウーファー、27mmトゥイーターを使用。ATLの長さは2.4m。周波数特性は28Hz〜25kHz。入力感度は86.5dB(1W・1m)。クロスオーバーは1.8kHz。推奨アンプ出力は30〜150W。外形寸法は162W×907H×330Dmm、質量は15kg。

「twenty5.24」は、ドライブユニットに170mmウーファー、27mmトゥイーターを使用。ATLの長さは3.0m。周波数特性は27Hz〜25kHz。入力感度は89dB(1W・1m)。クロスオーバーは1.8kHz。推奨アンプ出力は30〜150W。外形寸法は192W×1,015H×419Dmm、質量は23kg。

「twenty5.26」は、ドライブユニットに170mmウーファー、50mmミッドレンジ、27mmトゥイーターを使用。ATLの長さは3.3m。周波数特性は27Hz〜25kHz。入力感度は86dB(1W・1m)。クロスオーバーは400Hz/4kHz。推奨アンプ出力は30〜300W。外形寸法は192W×1,040H×439Dmm、質量は25kg。

【問い合わせ先】
CSR
TEL/042-703-5100

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPMC
  • 型番twenty5.21
  • 発売日2016年11月
  • 価格¥380,000(税抜・ペア)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPMC
  • 型番twenty5.22
  • 発売日2016年11月
  • 価格¥480,000(税抜・ペア)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPMC
  • 型番twenty5.23
  • 発売日2016年11月
  • 価格¥580,000(税抜・ペア)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPMC
  • 型番twenty5.24
  • 発売日2016年11月
  • 価格¥850,000(税抜・ペア)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPMC
  • 型番twenty5.26
  • 発売日2016年11月
  • 価格¥1,380,000(税抜・ペア)

関連記事