価格は15,000円

フォステクス、自動スタンバイON/OFFに対応したアクティブサブウーファー「PM-SUBmini2」

編集部:小澤貴信
2015年09月30日
フォステクスは、同社アクティブスピーカーなどとの組み合わせを想定したアクティブタイプのサブウーファー「PM-SUBmini2」を10月上旬より発売する。価格は15,000円(税抜)。

「PM-SUBmini2」

本機は従来モデル「PM-SUBmini」(関連ニュース)に、オートスタンバイ機能のオン/オフ切替機能を追加したモデル。小音量で再生したい場合に、再生機側の出力レベルを絞りすぎると意図しないタイミングでスタンバイ状態に切り替わってしまうこと回避できるようになった。オートスタンバイのオン/オフ以外は、従来モデルを継承する。

「PM0.3」と組み合わせたところ

PM-SUBmini2は同社のアクティブスピーカー「PM0.3」「PM30G」「PA-3」「PM0.1」との組合せを想定。コンパクト筐体でも大出力再生を可能にする高剛性グラスファイバー素材を採用した130mmスピーカー振動板を採用。スピーカーキャップにも同じく高剛性グラスファイバー素材を用い、さらにユニットをφ64mmの凹型形状としたことで、大振幅にも破綻しない構造となっている。エンクロージャーは密閉型を採用する。

背面端子部

デジタルアンプを内蔵し、出力は50W。入力はRCA端子を2系統用意。クロスオーバーは60Hz〜150Hzで調整でき、位相を反転させるフェイズスイッチも備えている。給電はAC電源による。

再生周波数特性は40Hz〜150Hz、S/Nは80dB、外形寸法200W×185H×233Dmm、質量は約3.6kg。
新着記事を見る
  • ジャンルサブウーファー
  • ブランドFOSTEX
  • 型番PM-SUBmini
  • 発売日2015年10月上旬
  • 価格¥15,000(税抜)
【SPEC】●型式:密閉型 ●使用ユニット:13cmウーファー ●再生周波数特性:40Hz〜150Hz ●アンプ出力:50W ●入力端子:RCAピンジャック×2 ●出力端子:RCAピンジャック×2 ●S/N比:80dB ●クロスオーバー調整範囲:60Hz〜150Hz ●消費電力:約15W(待機時0.5W以下) ●外形寸法:200W×185H×233Dmm ●質量:約3.6kg

関連記事