オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ノイズに配慮したリレーセレクト式を採用

Styleaudio、ネットオーディオ向けパッシブ式小型プリアンプ「CARAT-P1」

編集部:小野佳希
2015年03月11日
zionoteは、Styleaudioのパッシブ式小型プリアンプ「CARAT-P1」を4月2日に発売する。価格は14,800円(税込)。

CARAT-P1

PCに接続したり、アンプやアクティブスピーカー、レコーディング用モニタースピーカーのコントロールアンプとして使用することを主に想定した製品。他の方式と比べ、経年変化による音質劣化を大幅に抑えられ、セレクトノイズも極めて小さい点が特徴だというリレーセレクト式を採用している。

端子部

同社では、PCでの音楽再生が多くなっている現代のオーディオ事情を鑑み、「プリアンプで調整が必要なほどに特殊なソース機器やアンプは現在ではまず使われていない」と説明。「そう考えていくと、必要なのは音量調整機能のみと考えられる。そして携帯音楽プレーヤーや小型シンセなどをメインのオーディオ機器で鳴らしたいという場合に、付け外ししやすいセレクターも便利だと考えた」とし、「しかしセレクターは音が悪くなる原因にもなる。そのためにCARAT-P1のセレクターはリレーセレクト式を採用し、音質劣化を防ぐ設計とした」と説明している。

リレーは日本のNAiS製で、特に内部接点は金メッキ接点によって音質に配慮。入力は2系統で、ステレオジャック入力をフロントにレイアウトし、携帯プレーヤーやシンセサイザーなど、付け外しが多い機器への対応を配慮した。

リアのRCA入力は、価格が本機の10倍以上の製品でも採用機種が少ないという、内外部が全部金メッキされたハイグレードな端子を使用。そのほか、ボリュームコントロール用ポテンシャルメータはALPS社の製品を選び、金メッキ回路基板(PCB)を採用。部品の接続にはKESTER社の銀鉛ハンダを使うなど、「音質に関わる重要部には厳格に選択したパーツを採用した」としている。なお、電源(ACアダプター)は、音響と一切関係なく、単純にリレー回路を駆動させるために使用される。

外形寸法75Wx35Hx149Dmm、質量約270gとコンパクトな本体サイズを採用。これにより、信号経路をきわめて短くストレートに整理でき、音響原信号を保持できるメリットもあるという。

また、同社では本機を「ハイファイパワーアンプ、アクティブスピーカーはもちろんPC-Fiで幅広く使える」と紹介。「特にDynaudio、ADAM、GENELECなど、音量調節機が入ったアクティブスピーカーの多くはボリュームを最大で鳴らした時が最も良い音で鳴るためCARAT-P1の導入をお勧めする」としている。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドStyleaudio
  • 型番CARAT-P1
  • 発売日2015年4月2日
  • 価格14,800円(税込)
【SPEC】●入力端子:標準ステレオジャック(5.5mm)×1、RCA×1 ●出力端子:RCA×1 ●外形寸法:75Wx35Hx149Dmm ●質量:約270g

関連記事