ハイレゾ音源購入の遠隔サポートが受けられるカードも同時発売

e-onkyo、プリペイドカード決済に対応 − ビックカメラ/ソフマップの一部店舗で先行発売

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月04日
オンキヨーエンターテイメントテクノロジー(株)は、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」でのハイレゾ音源購入に使用できるプリペイドカード「e-onkyo musicハイレゾプリペイドカード」を発表。ビックカメラ、ソフマップ、コジマにて2015年2月下旬より販売を開始する予定。なお、ビックカメラとソフマップの一部店舗にて、12月5日より先行発売する。価格は5,000円。

「e-onkyo musicハイレゾプリペイドカード」(左)とおよび「『教えて!ホットライン』 e-onkyo musicハイレゾおまかせカード」(右)

また、キューアンドエー(株)の協力のもと、ハイレゾ音源再生に特化したサポートサービスを利用できるカード『「教えて!ホットライン」 e-onkyo musicハイレゾおまかせカード』の先行販売も、合わせて開始する。こちらも価格は5,000円。

e-onkyoがクレジットカード以外の決済方法に初対応

e-onkyo musicは、これまでクレジットカードによる決済のみを採用してきたが、今回、ここにプリペイドカードでの決済が追加されることになる。e-onkyoによれば、昨今のアニソン・ハイレゾの盛り上がりや、J-POP、ロックといった比較的若年層向けのハイレゾ音源も充実するなか、クレジットカード以外の決済手段を求める声が多く寄せられていたという。

カードの有効期限は購入から6ヶ月間。使用方法については、カードを購入して裏面のスクラッチ部分に印字されている番号を確認。そのうえで、e-onkyo musicにログインし、「ウォレット」ページでその番号を適用すれば、5,000円分がアカウントにチャージされ、この金額を使って音源を購入できる。なお、今回のプリペイドカードは、インコム・ジャパン(株)のPOSA技術を採用している。

総合サポートでハイレゾ導入を案内する「サポートカード」

『「教えて!ホットライン」 e-onkyo musicハイレゾおまかせカード』(以下サポートカード)は、再生までの一連の手順を、電話とリモート(遠隔操作)でサポートするサービスを受けられるもの。こののサポートカードは、ビックカメラのアドバイスのもとで共同開発されたという。購入から6か月間有効となる。

サポートカード購入者は、パソコンや機器の設定から「e-onkyo music」でのハイレゾ音源のダウンロード、再生に至るまでの一連の手順を、電話とリモート(遠隔操作)によるワンストップサポートで案内してもらえる。なお、今回の先行販売にあたりビックカメラ、ソフマップでは、サポートカードを購入するとハイレゾ音源を3曲無料でダウンロードできるクーポンを特典として付属する。

e-onkyo musicはキューアンドエーと共に、2013年5月より「e-onkyo musicコンシェルジュサービス」という在宅訪問型のサポートサービスを共同で提供してきたが、会員登録者数の激増や高まるハイレゾへのニーズを背景に、今回のサポートカード導入に踏み切ったという。

e-onkyo musicハイレゾプリペイドカード、および「教えて!ホットライン」 e-onkyo musicハイレゾおまかせカードの先行販売店舗は以下のとおり。

ビックカメラ 22店舗
渋谷ハチ公口店、池袋本店、渋谷東口店、立川店、なんば店、有楽町店、札幌店、新宿西口店、池袋西口店、天神2号館、名古屋駅西店、大宮西口そごう店、柏店、藤沢店、ラゾーナ川崎店、JR京都駅店、岡山駅前店、新横浜店、JR八王子駅店、ビックロ新宿東口店、赤坂見附駅店、新潟店

ソフマップ 3店舗
秋葉原本館、なんばザウルス2、神戸ハーバーランド店

なお、前述のように両カードともに2015年2月下旬を目処に、その他のビックカメラ、ソフマップ、およびコジマでも取扱いを開始する予定。

関連記事