独自の本体折り畳み機構を採用

ハーマン、プレミアムモデルの「K495NC」などAKGのNCヘッドホン2機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月06日
ハーマンインターナショナル(株)は、AKGのノイズキャンセリングヘッドホンの最上位モデルとなる「K495NC」、コンパクトモデルの「K490NC」を5月に発売する。

K495NC/¥OPEN(予想実売価格52,000円前後)


K495NC
AKGのノイズキャンセリングヘッドホンの新しいフラグシップ。ノイズキャンセリング方式に、消音性能の高い「フィードバック方式」を採用する。ドライバーユニットの内側に配置した小型マイクが環境騒音を集音し、独自開発のNC回路によりキャンセル信号を生成して、精度の高いキャンセル効果を導く。NC回路の電源をオフにしても、通常のヘッドホンとして楽しめる。

ハウジングは密閉型。周波数特性は20Hz〜20kHz、感度は105dB/mW、インピーダンスは26Ω。

本体は密閉性能を高めつつ、音質と遮音性能を向上。NewSupersoftイヤーパッドを採用したことで、耳あたりの良い快適な装着感を実現している。専用キャリングケースでコンパクトに持ち運べるよう、AKG独自の本体折り畳み機構を採用している。

電源は内蔵の充電式リチウムイオン電池。フル充電で40時間以上の長時間使用が可能。USB経由での充電も行える。

ケーブルは着脱交換式を採用しており、1.2m/2.0mの2本のケーブルを同梱する。被覆素材は柔軟性が高く断線しにくい布製。その他、充電用ケーブル、USB対応ACアダプター、3種類のコンセントプラグ変換アダプター、キャリングケース、フライトアダプターなどが付属している。


K490NC/¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)


K490NC
軽量・コンパクトな設計でモバイルパフォーマンスを高めたノイズキャンセリングヘッドホン。本機はノイズキャンセルの方式に、音質への影響が少なく、本体も小型化できるメリットから「フィードフォワード方式」が採用されている。ドライバーユニットの外側にマイクを配置し、集音した環境騒音をもとに独自設計のNC回路で消音を図る。本機もNC回路の電源をオフにして、通常のヘッドホンとして楽しむことが可能だ。

ハウジングは密閉型。周波数特性は20Hz〜20kHz、感度は102dB/mW、インピーダンスは32Ω。

本機もNewSupersoftイヤーパッドを採用したことで、耳あたりの良い快適な装着感を実現している。専用キャリングケースでコンパクトに持ち運べるよう、AKG独自の本体折り畳み機構を採用している。


本体をコンパクトに折りたためる
電源は内蔵の充電式リチウムイオン電池。フル充電で40時間以上の長時間使用が可能。USB充電にも対応する。

ケーブルは着脱交換式を採用しており、1.4mの布製被覆を採用したケーブルを同梱する。その他、充電用ケーブル、フライトアダプター、キャリングケースなどが付属している。

【問い合わせ先】
ハーマンインターナショナル
TEL/050-5561-1560
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番K495NC
  • 発売日2012年5月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格52,000円前後)
【SPEC】●ハウジング:密閉型 ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●感度:105dB/mW ●インピーダンス:26Ω ●ケーブル:1.2m、2.0m着脱式/3.5mmプラグ ●質量:235g(ケーブル含まず)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番K490NC
  • 発売日2012年5月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)
【SPEC】●ハウジング:密閉型 ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●感度:102dB/mW ●インピーダンス:32Ω ●ケーブル:1.4m着脱式/3.5mmプラグ ●質量:150g(ケーブル含まず)