<TIAS2008:エイ・アンド・エム>ドイツから到着したてのレコードプレーヤーを即出し

2008年10月04日
真空管機器のAIR TIGHITや、ドイツのレコードプレーヤーメーカーTransrotorなどを扱うエイ・アンド・エム(株)。同社のブースでは届いたばかりの新製品やアンプの試聴などが行われている。

中でも来場者の注目を集めていたのが、一台のレコードプレーヤー。一週間ほど前にドイツから届いたばかりだという新製品で、機体の傍らにはおそらく本国でのものであろう「Tourbillon」という名前が表示されている。ブースではさっそく試聴が行われ、多くの来場者が熱心に音に聴き入っていた。

一週間前に到着したばかりだというレコードプレーヤー

到着したてで現在は資料の日本語化など諸々の調整を急いでいるところだという同製品の価格は、同社によれば「550万円くらいになるのではないか」とのことだ。

また、別項でも報告しているように(関連ニュース)、試聴デモには、AIR TIGHITのパワーアンプ「ATM-2001S」などを、DYNAUDIOのスピーカー「Sapphire」と組み合わせるコラボレーション展示が行われており、こちらも来場者の注目を集めている。

パワーアンプ「ATM-2001S」にDYNAUDIOのスピーカー「Sapphire」を組み合わせて使用

「ATM-2001S」。価格は税込で315万円

(Phile-web編集部)