<TIAS2007:マランツ>B&W「Signature Diamond」本邦初の試聴デモに注目

2007年10月05日
マランツ コンシューマー マーケティングは、MARANTZブランドのほか、B&WやCLASSEなど輸入販売を手がけるブランドの製品も展示し、実際に音を聴くことができる。

最大の注目は、B&W 40周年を記念したアニバーサリーモデル「Signature Diamond」(関連ニュース)の試聴デモが行われていること。昨年のショウでもモックが置かれていたが、一般ユーザーを対象にした試聴デモは今回が初めてとなる。なお、本機は「ミニマリスト・ホワイト」と「WAKAME」の2色が用意されているが、試聴に使われていたのはWAKAMEの方だった。各色とも全世界500ペア限定生産となるが、受注は非常に好調とのこと。近々、一部販売店での展示も開始するという。

マランツブースの試聴コーナー

話題のWAKAMEカラー

デモでは、 Signature DiamondをCLASSEのシステムでドライブ。CDプレーヤーは「CDP-202」、プリアンプは「CP-400」、パワーアンプは「CAM-400」という構成だった。

ホワイトモデルもブースの脇にさりげなく展示

試聴にはCLASSEのシステムが使われていた


同社の小菅氏が解説しながらデモが進められた
ソフトにはビートルズ「LOVE」などが使われ、同ソフトに収められている、虫の羽音、鳥のさえずりなどの効果音が、驚くほどの実体感を持って耳に迫ってくる。低音を主体にしたソフトの再生も行われたが、同社の小菅氏は、「コンパクトな筐体なのでマッシブなパワーは無いが、本物の音を想起できる音作りがされている」と説明した。来場される方はぜひ実際に体験してみることをお勧めする。

試聴デモではこのほか、B&W 800Dを、先日発表されたばかりの“11シリーズ”を使ったコンプリートバイアンプシステムでドライブする構成も体験できる。11シリーズの音出しも今回が初めてとなるので要注目だ。なお、11シリーズのSA-11S2、SC-11S1、SM-11S1については、天板を外し、内部構造を見ることのできる展示モデルも用意されている。

SA-11S2

SC-11S1

SM-11S1

このほか、マランツ「TT-15S1」「SA-13S1」「PM-13S1」を組み合わせた展示や、CLASSEのCDプレーヤー「CDP-102」、プリメインアンプ「CA-2100」などもブース内に展示されていた。

TT-15S1や13シリーズなども展示

CLASSEのCDP-102(上)とCA-2100(下)

(Phile-web編集部)