HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

細部までこだわり抜いた新しいマイルストーン

デノンの旗艦ヘッドホン「AH-D7200」の設計思想を、開発キーマンが語り尽くす

構成:編集部 小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2017年03月17日
デノンの新フラグシップヘッドホン「AH-D7200」は、同社の50年にわたるヘッドホンの歴史に新たな歴史を刻むべく、これまで築き上げたノウハウと最新技術を結集して開発された。本機が目指したサウンドはどのようなものなのか。開発に携わった福島欣尚氏にお話を伺った。

ディーアンドエムホールディングス 福島欣尚氏

なぜ「AH-D7000」のサウンドを出発点としたしたのか

DENONブランドを手がけるディーアンドエムは現在、ヘッドホンの企画の発信をドイツのネッテタールから行っている。そして開発は日本で行われ、音質チューニング過程ではヨーロッパと日本の意見を取り入れながら進めている。AH-D7200の企画と音響設計を担当した福島欣尚氏もドイツのデュッセルドルフ在住で、今回のインタビューもSKYPEを通じて行った。

「AH-D7200」¥OPEN(予想実売価格10万円前後)

ーー まずはAH-D7200の成り立ちについて伺います。デノンの1世代前の旗艦ヘッドホンは「AH-D7100」です。しかし今回のAH-D7200は、2世代前の旗艦ヘッドホン「AH-D7000」の要素を色濃く継承しているとのことでした。AH-D7000が開発において指標となったのはなぜだったのでしょうか。

福島氏 AH-D7200の開発の出発点において、デノンのヘッドホンとはいかにあるべきなのか改めて議論しました。その時に出した結論が、デノンのヘッドホンサウンドのひとつの到達点はAH-D7000だということでした。

もちろん、AH-D7100のサウンドにも満足していました。実際に市場の評価も良かったのです。しかし、現時点でコンシューマーがデノンに求めているのは、AH-D7000で実現したある意味でコンサバティブな“デノン・サウンド”であることが、様々な意見や調査結果を吸い上げていくなかで見えてきたのです。

こうした理由から、AH-D7000のサウンドをひとつの指標として、AH-D7200の開発が進められることになりました。

「AH-D7000」

「AH-D7100」

ーー デザインについても、AH-D7000のテイストが継承されているようです。

デザインはあくまでサウンドに伴うものであり、私たちはデザインからモノづくりをスタートさせるようなことは行いません。AH-D7000のサウンドを指標として開発を行った結果、形状も必然的も似てくることになったのです。具体的には木製のウッドハウジングやその丸みを帯びた形状、メタル製のハンガー部などですね。

一方でデザインの見直しも当然行っていて、AH-D7200はより現代的な柔らかいシェイプになっています。細かいポイントですが、ネジを見せないような工夫も新たに行いました。

「AH-D7000」の音の広がりや低域をベースに、解像感を高めることを狙った

ーー AH-D7000のサウンドをひとつの到達点として捉えたとのことですが、AH-D7200で目指したサウンドとはどのようなものですか。

福島氏 AH-D7000から継承した音の特徴を一言で表現するなら、「ゆったりと押し出し感のある低域」「音像の自然な広がり」が挙げられるでしょう。

これに対して、AH-D7000から進化することを目指したのは「解像感」です。最新の優秀録音やハイレゾ音源をAH-D7200とAH-D7000で聴き比べると、明らかにAH-D7200の方が情報量が多いということがすぐにわかると思います。

福島氏はAH-D7200の開発において、AH-D7000の特長を継承する一方で、解像感のさらなる向上を目指したという

ーー サウンドについて、AH-D7000とは相反する方向を目指した要素というのはありますか。

福島氏 AH-D7000は比較的に木製ハウジングを鳴らす方向にチューニングしていました。これだと木の鳴りが豊かな響きや広がりを生み出す反面、情報量はやや後退するという弱点がありました。AH-D7200では、木製ハウジングならではの響きは活かしつつも、その振動をコントロールして響きを適正な量に抑える方向にチューニングしています。これが解像感の向上につながるのです。

こだわり抜いたウォールナット製ハウジングが生み出す“唯一無二の響き”

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連リンク