phileweb | ファイル ウェブ オーディオビジュアルのポータルサイト

AKG

AKGの全モデルをイヤホン・ヘッドホンのプロがレビュー

Product Profile

K702

オープンエアー型/アラウンドイヤー型ヘッドホン

K702

¥OPEN<直販サイト価格33,112円(税抜)>

開放型ハイエンドヘッドホンの“ド定番”モデル

K702はAKG開放型のハイエンドにしてスタンダードであり、他モデルと共通の要素を含めた上で、ハイエンドならではの「音の仕上げ」を施されている。振動板には「バリモーション・テクノロジー」を採用。振動板を音を発するサウンド・ゾーンとムーブメント・ゾーンに分割。ゾーンごとに振動板の厚みを別々に調整し、それぞれの役割で最大の力を発揮するように調整されている。振動板周りでは「Two-layerダイアフラム」構造もポイント。振動板は異種素材の2層構造になっており、その組み合わせによって剛性を高め、分割振動を抑制している。振動板を駆動する磁気回路においては「フラットワイヤー・ボイスコイル」が特長。電磁力を生み出すボイスコイルの線材に、断面が円ではなくきしめん型のワイヤーを採用。使い勝手や装着感の面では、ヘッドバンドの長さ調整が不要な「セルフアジャスト」機能、耳の周りにフィットする「3Dフォーム・イヤーパッド」、ケーブル交換可能といったところがポイントだ。

Specification

タイプ オープンエアー型
カラー ブラック
周波数特性

10Hz〜39.8kHz

感度(1mW) 93dB/mW
インピーダンス 62Ω
入力プラグ 3.5mmステレオミニ(金メッキ)
ケーブル 3m(ストレート、着脱式)
質量(ケーブル含まず) 290g

 

「K812」「K3003」で人気ヘッドホンアンプ4機種の実力を検証!

音ゲーをNCヘッドホンでプレイしたらスコアは上がるのか?AKG「N60NC」で検証!

「「夏≠ヘッドホン」を覆す!AKGのポータブルヘッドホン3機種を電車内で使ってみた

「四月は君の嘘」BDをAKGのヘッドホンと観る!

新生活に向けて選びたいヘッドホン/イヤホン4選

佐藤純之介氏が語るAKGヘッドホンの魅力 − 音にこだわるエンジニアが選ぶ理由とは?

AKGの新たな挑戦「Yシリーズ」ってどうなの? 各誌編集部員がぶっちゃけ鼎談

AKGとは

AKG

AKGブランドヒストリー

伝統あるオーストリアの名門ブランドAKG。その歴史を紹介する

AKG関連ニュース